寅の張り子を作る3
phiの記述は間違ってないのに
「ノードと一致する幾何学データがありません」とかってPOSERに怒られた。
過去の経験からすると、こういうエラーはphiと各間接のパーツ名が違っていたりすると出るんだが…。
各パーツの名前はPOSERに読み込んだOBJファイルの名前のはずだし……。


とりあえず、テキストエディタでobjファイルを開いてみた。
うがああ!!ほんのちょっとパーツのグループ名が変更されていた。これのせいでフィギュア可に失敗したのか……。
でも、なんでだー?
POSER7JではPOSER6以前とはOBJの書き出しの仕様が若干変わったのかなあ。
そんなの知らなかったよ。
書き出すときの設定を見直す必要があるなあ…。


e0068221_16202527.jpg


objファイルを手打ちで直して、再びPOSER7で階層ファイルの変換を行ってみる。
するってぇと…………。


e0068221_16214116.jpg


objファイルを直したら成功したという事はやっぱりobj書き出しに問題があったんだな。
あとで検証してみよう。

さあ、あとはcr2を編集しておしまいだ。
パーツが3つだけだから簡単なはずー。
と、前にも書いた様な気がするが気にせずに前へ進む。トホホ。


e0068221_1623686.jpg


テクスチャやマテリアルを設定して出来上がりだ……。
思いのほか時間がかかったなあ。
最初からフィギュアにするのを前提にして、
モデラーのほうで一つのオブジェクトにしてから作業を進めていれば
こんなことにはならなかったのに……。
いやさ、セットアップルームで……あうあう。
ま、当初はPropのつもりで進めていたからしかたないか……。
ああ、objファイルの書き出しさえ上手くいってればなあ…。
ああしていたら…こうしていれば…たら…れば…愚痴グチ…。

と、愚痴りながら次回へ……
[PR]
by kagami_mochi | 2009-12-08 16:33 | 3DCG
<< 寅の張り子を作る4 寅の張り子を作る2 >>