2013年の干支の巳のおもちゃを作る_その5
依存パラメータを利用してみる。

POSER8から依存パラメータなる機能がついたが、使った事がなかったんで試してみるのだ。w
しかし「依存パラメータ」とかって、なんちゅー名前だよ。
それはともかく、使い方の解説はKABUKIさんの覚え書きが判り易くてよい。
http://zenryokuhp.com/poser-oboegaki/archives/2010/02/poser8dependent.html

Takehebiのボディを選択してパラメータ横の三角から「新規マスターパラメータを作成を選択する。
マスターパラメーターパレットの数値を1にして、学習を開始ボタンを押す。
各関節の回転の数値を指定。
マスターパラメーターパレットの「次のキー」ボタンを押す。
マスターパラメーターパレットの数値を-1にする。
各関節の回転の数値を指定。(今回はマスターパラメーターパレットが1のときのポーズのミラーリングされたポーズにした)
マスターパラメーターパレットの「学習を終了」ボタンを押す。
これでOK。


e0068221_9321940.jpg


ふたたびフィギュアのボディを選択するとパラメータパレットに「マスター1」なるダイアルが出ている。
この「マスター1」というダイアルの名前は変更出来るっぽい。
あとでそれらしい名前にしておこう。


e0068221_9332011.jpg


こいつをグリグリいわすとヘビがぐるんぐるん動いてくれる。
なかなかおもろい。w
でもKABUKIさんも記事中に書いているがPOSER7より古いバージョンだと上手く作動しない。
残念なり……。
仕方が無いので従来の方法でERCを組み込んだヤツも作った。w
テキトーにERCを組み込んだので依存パラメータで作ったヤツと挙動がチョイ違ってるがキニシナイ。


e0068221_9341369.jpg


そだ、同じパーツに複数の依存パラメータを設定しようとしたが上手くいかなかった。
頭に来たのでテキストエディターで無理矢理ねじこんでやった。
ちからわざっぽいけど、出来るもんだな。うはは。
もしかしたらちゃんと複数設定出来るやり方があるのかもね…。
知ってる人教えて……プリーズ。
(CR2ファイルの中身はマスター 1とかって思いっきり日本語表記だった…すぐに変更した…。)

最後にPOSER9用にサムネールを作った。
POSER7までは91X91ピクセルとかってのが標準だったけど、
POSER8からはパレットでサムネを選択すると拡大表示されるので
「それじゃちょと解像度低いかもしれない…」という感じになった。
そんで今回はちょと大きめの140X140にしてみた。150X150とかでもいけるな…。
でもPOSER7とか古いバージョンで開くと異様にデカイサムネになったw
ま、そういうもんだ。

というわけで…
従来の方法でERCを組み込んだ「TAKEHEBI.pp2」と
OSER9の依存パラメータを組み込んだ「TAKEHEBI_D.pp2」のふたつをアーカイブしておきました。
よかったらお試しください。変なところがあったら掲示板とかでおしえてね。

オシマイ
[PR]
by kagami_mochi | 2012-12-13 09:47 | 3DCG
2013年の干支の巳のおもちゃ... >>